DNA

寝っ転がれる・適度な弾力・安らぐ空間・吸音・遮音・香り・育児…etc


良さを数えだしたらキリがない畳。


今回は「Reface リフェイス」の45センチ角、厚さ6ミリの畳のタイルをモザイク調にしてフローリングの上に貼りました。

縁なし畳よりも更にシームレスな雰囲気が気に入って頂けました。


色形は変わっていると言えどもフローリングに何かを敷きたい願望、これは日本人の本能からでは?


板の間に畳が敷かれ始めた鎌倉や室町時代からの習慣が、いつしか本能に変わっているのかも知れませんね。

もっと言えば竪穴式住居には草が敷かれていて、土の香と干し草の香がブレンドされたものがDNAに刻まれ、畳の香を嗅ぐと落ち着くと言う説も。


既記の畳の良さを定義とするならば、それを守りながらも現代の住宅事情に当てはめることが出来る畳。もう進化は止まりませんね。


今後ますます盛り上げを見せそうな「畳~tatami~」その可能性にご注目を。

北村畳店公式LINEアカウント登録もよろしくお願いします。

「お知らせ」

お客様と接する際は、コロナ関連の日常における新常識を遵守します。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

畳・襖・障子・網戸・壁紙・カーテンのご注文承ります。

自信あります!

モダン乱敷きアワード4年連続受賞店の当店があなたの部屋をオシャレにして魅せます!